W.I.システム

閉じる

社員インタビュー_1

人と話すことが好きな私の性格を接客業で活かしたいと思い、就職活動を始めましたが、中でも特にこだわったのが、ただお客さまと接するだけではなく、お客さまの名前を呼び、自分の名前もお伝えできることでした。絆を結ぶようにあたたかな関係の中で働きたかったからです。実は、私自身はコンタクトを使っておらず、全く知識がなかったのですが、様々な会社の説明会に参加していく中でダブリュ・アイ・システムに出会い、快適・提案・継続という3×C(スリーバイシー)のストアコンセプトを知りました。人と人のつながりを大切にして、お客さま一人ひとりと向き合い継続した関係を築いていくという点にとても魅力を感じ、入社を決めました。

日々の主な業務は、お客さま応対です。お出迎えからお見送りまで、お客さまに「来てよかった!また来たい!」と思って頂けるよう、行動することを心がけています。そのためにお客さま目線は特に大切にしていて、「自分がお客さまだったらどういう風にしてもらったら一番うれしいだろう」ということをつねづね考えて接客しています。あとは、お客さまと目を合わせて、ちょうどいいアイコンタクトをとりながら向き合うことが得意だと感じていて、自分らしい接客の武器にしています(笑)お客さまの目を見て接客することは、とても基本的なことなのですけど、だからこそ喜ばれる接客には欠かせないものだと思います。

エースコンタクトの店舗スタッフになり3年ほどになります。その中で、2度も新店舗のオープニングスタッフとして開店準備に関われたことは、とても大きな体験でした。それは、スタッフみんなと話し合い、お店を創り上げていくプロセスでした。どのような接客をすれば、もっとお客さまに喜んでいただけるか。どのような工夫をすれば、もっと笑顔になっていただけるか。全員がそれまでにいたお店の良い部分を持ち合いながら、新店舗のあり方を考えていく時間の中で、接客そのものの理想を問い直すような気持ちで取り組みました。2度のオープニングスタッフの経験によって、それまでよりも自分の考えを持てるようになったと実感しています。

現在の私の目標は副店長になること。そのためには、自分の知識や応対力に加え、視野を広く持ち、周囲への配慮が必要だと思っています。もちろん、その先の店長も目指したいですが、私にとって副店長が目標として具体的にイメージしやすいのには、理由があります。その副店長は仕事ができただけでなく、社会人、大人としてすごく尊敬できる人でした。私が迷っていたり、悩んでいたりしていると声をかけてくれたり、落ち込んだときにすぐ気づいてくれたり。先輩もいっぱい仕事があるはずなのに、話しかけたときに自分の仕事の手をとめてでも最後まで相談に乗ってくれました。目標にできる人と出会えるのは、社会人としてとても幸せなことです。憧れの副店長に少しでも近付けるよう、常に意識を高く持ち続け、学ぶ気持ちを忘れず、成長していきたいと思います。

柳川 美沙希2014年入社 店舗スタッフ
最近というより、もう何年も続けているのですが、友だちのように仲が良い母や妹と、大好きなミュージシャン、ソナーポケットのライブをみに行くことが1番の楽しみです。

9:30|出勤・開店準備
店内の清掃や連絡ノートの確認をして、
早番スタッフ・店長と朝礼します。
10:00|接客
笑顔・アイコンタクトでお客様を
元気にお迎えします。
11:00|コンタクトレンズ納品
お店に納品されたコンタクトレンズを、
お客様のご注文分と在庫に分けます。
13:00|昼礼
中番・遅番スタッフ、店長と午前の売り上げ報告や
目標・連絡事項などを共有します。
14:00|お昼休憩
お弁当を食べて音楽を聴いたり、
リラックスした時間を過ごします。
15:00|接客
午後も朝に負けない元気で!
お客様へ感謝の気持ちを持って接します。
19:00|帰宅
帰宅後は、家族と夕食。テレビを見たり、
雑誌を読んでリラックスしています。
翌日に備えて早めに就寝することを心がけています。

風通しのいい雰囲気の中で、一緒に成長しましょう!

ダブリュ・アイ・システムはあたたかい環境の中で、人間力を磨くことのできる会社です。また、先輩後輩の立場を越えて意見を言いあえたり、気づきを伝えたりでき、みんながひとつのチームとなってお店を創ろうという雰囲気があります。人と話すことが好き!自分の長所を活かしたい!と考えている学生の皆さん、エースコンタクトのお店で目標を持ち、一緒に成長しましょう。

PAGE TOP